2008年10月19日

フェイスリフトでシワ取り

フェイスリフトと呼ばれるシワを取る方法がありますが、これは40〜50代になるとできることのある額の深いシワや首のシワを取る際に使われる美容整形法です。フェイスリフトの手術は、こめかみの内側と耳元のラインを切開して、たるみの原因となる頬の余分な脂肪と皮膚を除去します。皮膚を上に引き上げるように縫い縮めるのですが、その前にフェイスラインをきれいに整え、シワを取り除くというのがフェイスリフトです。フェイスリフトでは小じわを取りたい人ではなく、顔全体のたるみや深いシワを除きたい人に適しています。手術には約2時間半の時間を要しますが、入院の必要はなく、そのまま帰宅可能です。このフェイスリフトのシワ取りによって実年齢より10〜15歳程度若返った印象になります。肌がピンと張るようになるため毛穴も目立たなくなって、化粧のりが良くなるというメリットもあるようです。手術の傷は、皮膚を切開し縫合した跡ですが、時間とともに目立たなくなるものの、完全になくなるというわけではありません。メイクも抜歯して2日目くらいから行えて、傷が落ち着くまではメイクによってカバーすることも十分に可能なのです。フェイスリフトの施術後は、数年でまたそれだけのシワやたるみが出てきますが、だいたい10年くらいはその効果を持続させることができるようです。フェイスリフトのシワ取りにかかる費用は高額で数十万〜100万円くらいだと思ってください。他のシワ取り方法に比べるとかなりの金額ですので、手術前によく検討する事をおすすめします。

なんてたってお金でしょ!
posted by 美容外科・美容エステで明るい未来 at 21:15| しわ取り>フェイスリフトでシワ取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーマクールでシワ取り

しわ取り対策として、メスを使わない方法で注目されているのが、サーマークールと呼ばれる方法ですアメリカで10年がかりで研究され日本には2003年に導入されたばかりという大変新しいシワ取り方法です。フェイスリフトのようにメスを使わないサーマクールでは、高周波を顔に照射することによってたるみやシワを取り除きます。高周波が当てられることで、その熱と刺激で肌の奥にあるコラーゲンが増えるのです。サーマクールは1回治療を行うことにより、シワやたるみを取るだけでなく、顔や首の毛穴やニキビ跡、それから二重あごなども改善することが可能なのです。このサーマクールによるシワ取りは安全で高い効果の得られるものではあります。けれども、あくまでも医療行為であるため、デメリットもあれば失敗例がないわけでもありません。このような光を照射してシワ取りをする治療法は施術する医師によってかなり効果の違いがありますので経験豊富な医師にしてもらうことが重要です。専門医師ではない看護師などが行うようなところでは、失敗の可能性も高くなるので、あらかじめ調べておくことも大切です。サーマクールで行ったシワ取りの施術後には、その副作用として数日くらいですが、少し腫れが出たり肌が赤くなったりすることがあります。このサーマクールでシワを取る場合、個人差はあるものの、その効果が現れるのは1〜4ヶ月くらい後で、またその効果は3ヶ月から半年くらい持続するようです。まだまだ新しいシワ取り方法のサーマクールですが、興味のある人は一度調べてみるとよいかもしれません。

メタボになんかなるものか!!
posted by 美容外科・美容エステで明るい未来 at 21:13| しわ取り>サーマクールでシワ取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
90日で彼氏ができる! 話題の『カレデキ』って何?

切らない若返りほか、若返り治療のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

湘南美容外科クリニックの脂肪吸引体験しませんか?

レーザーパーフェクト法ほか、わきが・多汗症のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?

【脱毛/美顔/痩身】エステサロンピュウベッロ


アメーバニュース
ガイドミー:トレンドチェック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。