2008年10月06日

にきび洗顔の注意する点

にきびを予防し、つるつるお肌になるためには、洗顔をきちんと行う必要があります。洗顔内容に間違いがないのに肌荒れが治らない場合、顔を洗う回数や石けんの選び方に問題があるかもしれません。肌の状態をよりよく保つためには、1日の洗顔回数を2回から3回程度に留めておき、洗いすぎないようにします。洗顔をし過ぎると、皮脂の分泌が増えてしまうので、逆ににきびができやすい環境をつくってしまいます。1回1回を丁寧に、朝晩の2回だけの洗顔で十分です。また、いつも使うことになるでしょうから、洗顔料も慎重に選んでください。デリケートな顔の皮膚を直接洗うものですから、万全を期して選ばなければ、肌に負担がかかる原因にもなります。もし炎症を起こした皮膚を何とかしないと間違った洗顔剤で過度の刺激を与えてしまうなど、別なトラブルを呼び起こす危険性もあります。お肌のコンディションは個人差がありますが常に一律ではなく、夏と冬で状況が変わりもするので、洗顔剤も対応させる必要があります。冬期に使う洗顔料は、肌に十分な潤いを与える、保湿性の高いものを選んでください。冬は湿度が低く、肌は水気を失いがちです。また、どのようなタオルを使うかも十分考えてください。肌を傷めないよう、押し当てるだけで水分を吸収してくれる柔らかいタオルがお勧めです。皮膚を形成する角質層の部分は本当に薄くデリケートな部分ですので、タオルで拭くという動作はどうしても肌に負担がかかるものです。ニキビを防止し、でこぼこのないきれいな肌なるためにも、ポイントを押さえた洗顔をしてください。


ラベル:洗顔 にきび
posted by 美容外科・美容エステで明るい未来 at 22:10| にきび>にきび洗顔の注意する点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
90日で彼氏ができる! 話題の『カレデキ』って何?

切らない若返りほか、若返り治療のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

湘南美容外科クリニックの脂肪吸引体験しませんか?

レーザーパーフェクト法ほか、わきが・多汗症のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?

【脱毛/美顔/痩身】エステサロンピュウベッロ


アメーバニュース
ガイドミー:トレンドチェック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。